オープンキャンパス 資料請求
ページトップ
> 職業紹介 > 介護福祉士

職業紹介 Work

介護福祉士

イメージ

入浴・食事の世話など、生活面の介護や指導を行う

介護や福祉の専門的知識や技術を身につけ、身体や精神機能が低下し日常の生活を送るのに支障がある人に、食事や排泄、入浴や外出、身辺の整理整頓などの生活上の介護をする。さらに家族への介護指導も重要な仕事だ。

イメージ

介護福祉士になるには

介護福祉士の資格取得を目指しているのであれば、大学・短大・専門学校の介護福祉士養成を目的とした学科・コースに進むのが王道です。短大・専門学校は一部3年制もありますが、2年制が中心。大学なら4年間学ぶことになります。これらの学科・コースで受験資格を得て、介護福祉士を取得したのち、介護施設などに就職します。ただし、資格がなくても就職は可能。その場合は、現場で介護の経験を3年以上積めば介護福祉士の受験資格が得られます。

介護福祉士になるためのながれ

介護福祉士に求められる人物は?適性を知る

介護福祉士として働く現場はさまざまですが、いずれも人とのかかわりが重要になります。寝たきりの方や認知症の高齢者の方などを介護するには、福祉に対する情熱がないとつとまりません。利用者とその家族の状況を理解し、思いやりをもって根気よく励まし、導くことが大切になりますから、包容力や忍耐力も要求されます。入浴や移動の際の介助には、体力、機敏な行動力、的確な判断力が求められます。施設で働く場合などは、同じ現場での仲間とのコミュニーションも大切です。

介護福祉士の必要な試験と資格は?

介護福祉士は国家資格です。養成ルートを経て受験資格を取得し、国家試験を受験します。試験は年1回。厚生労働大臣により指定された「社会福祉進行・試験センター」が実施、合格発表、登録などを行っています。試験は「第一次試験(筆記試験)」と「第二次試験(実技試験)」に分かれ、第一次筆記試験に合格した人だけが第二次実技試験を受験することができます。例年、筆記試験は1月下旬。実技試験は3月上旬に実施されています。国家試験に合格して資格を取得し、厚生労働省に備えられている「介護福祉登録簿」に登録した者のみが介護福祉士となり、厚生労働大臣から「介護福祉登録書」が交付されます。

介護福祉士の仕事内容

介護や福祉の専門的知識や技術を身につけ、施設または在宅で介護する仕事です。身体や精神機能が低下し、日常の生活を送るのに支障がある方に、食事や排泄、入浴や外出、身辺の整理整頓など生活上の介護をし、できるだけ自立した生活が送れるように手助けをします。また、周囲で介護をする家族などに対しても、専門家としてどのように介護をすればよいかアドバイスをしたり、困りごとの相談に乗るなど、介護指導を行う役割も担っています。

介護福祉士の気になる?年収・給料・収入

一般的に施設で働く正規職員の介護福祉士の給与は月収20万円前後、年収は250万円~400万円ぐらいです。基本給は高くありませんが、介護という仕事の関係上、休日や夜間の勤務もあり、休日手当、夜間勤務手当などが上乗せされます。事業所によっては資格手当がつくこともあります。他業種の平均年収と比べると必ずしも待遇が良いとはいえませんが、介護職唯一の国家資格であるため待遇や求人は安定しています。

介護福祉士の就職先・活躍できる場所は?

主な就職先は、特別養護老人ホーム、デイサービスセンター、老人保健施設、身体障がい者施設、訪問介護サービス事業者など。ほかにもさまざまな施設や事業所で活躍できます。入院患者のいる病棟や老人ホームなどでは、シフト制の勤務になることもあります。また、求人数は多くはないものの、公立の福祉施設であれば、公務員として働く道もあります。介護は体力を使う仕事なのでハードですが、最近は移動用リフト、体位変換器、いすや介助ベルトといった入浴補助用具など福祉用具の発達も進み、少しずつ厳しい労働環境も改善されつつあります。

【主な就職先】

  • 市町村役所
  • 障害児関連施設
  • 障害者福祉施設
  • 老人福祉施設
  • デイサービスセンター

介護福祉士のやりがいを聞いてみよう

介護福祉士は人の役に立っていることを日々実感できる仕事。的確な身体サポートや自分の考えた食事のメニューなどで、高齢者や身体が不自由な方たちが笑顔になるのを見るのもやりがいを感じる場面です。ただし、認知症を患っていたり、精神的に安定していない利用者が相手の場合は、必ずしも自分の気持ちが通じるとは限りません。それでも根気強く接し続けることで相手の反応が少しずつ変わってくることがあり、そんな瞬間にもこの仕事ならではの喜びを感じることでしょう。

介護福祉士の志望動機を教えて!

「人の役に立つ仕事がしたい」「ありがとうと言われる仕事がしたい」「家族の介護やボランティアを通して、介護の仕事のやりがいを知った」「高齢者と接することが好きで、自分に向いていると確信した」などの声が聞かれます。

介護福祉士を目指せる学科

介護福祉学科

※看護学科、言語聴覚士科、臨床工学技士科、介護福祉士学科、社会福祉科(通信)以外は、アイメディカルには設置されておりません。

このページの内容は「スタディサプリ 進路」より引用しています。

「スタディサプリ 進路」はこちら