オープンキャンパス 資料請求
ページトップ
> 職業紹介 > 助産師

職業紹介 Work

助産師

イメージ

妊産婦と新生児のケアに、分娩介助。母子の生命と健やかな成長を支える

妊産婦を対象に、保健指導や、育児相談、分娩時の介助を行う。産科のある病院や市町村の母親学級で講師を務めたり、相談窓口を担当することになる。核家族化に伴い、妊婦が妊娠・出産にアドバイスを受ける機会が激減しているため、良きアドバイザーとしての活躍がさらに期待されている。

助産師になるには

助産師として働くためには、「看護師資格」と「助産師資格」が必要です。いずれも国家資格であり、大学・短大・専門学校・養成所を卒業したうえで、「国家資格試験」に合格しなくてはなりません。4年制大学の看護学部や看護学科に設置されている「助産師養成課程」に進み、卒業見込みの最終年に2つの国家試験を受験し、合格すれば、卒業後すぐに助産師としてのキャリアをスタートできます。とはいえ、4年間で看護師と助産師どちらの勉強もしなくてはなりませんから、効率的に見えますが決して楽な道のりではありません。そのほかにも、4年制大学、3年制の短大・専門学校の「看護師養成課程」を卒業して看護師資格を取得した後、1年制の「助産師養成所」に通って助産師資格の取得を目指す方法もあります。

助産師になるためのながれ

助産師に求められる人物は?適性を知る

大学や助産師養成所に通い、助産師としての専門的な知識・技術を習得したうえで、国家資格を取得する必要があります。妊婦さんと赤ちゃんの命を預かり、昼夜問わず働くハードな仕事になるので、体力的にも精神的にもタフであることが欠かせません。妊娠中・分娩時・産後と妊婦さんに寄り添い、安心感を与えるのが助産師の役割になるため、相手を思いやる心やコミュニケーション力も大切になります。

助産師の必要な試験と資格は?

助産師として働くためには、看護師国家試験の合格者に与えられる「看護師資格」と、助産師国家試験の合格者に与えられる「助産師資格」の2つが必要です。2016年の試験結果を見ると、看護師国家試験の合格率は89.4%(うち新卒者94.9%)。助産師国家試験の合格率は99.8%(うち新卒者99.8%)。いずれも新卒者の合格率は90%超と高く、養成課程でしっかり勉強をして臨めば、それほど難易度の高い試験ではないと言えるでしょう。

助産師の仕事内容

「お産に立ち会い、赤ちゃんをとり上げる」という印象が強い助産師ですが、実際の業務はそれだけにとどまりません。妊娠時の生活指導、妊婦健診の補助、母親学級・父親学級の実施、産後の母子の体調管理、母乳指導、新生児指導など、産前から産後まで母子とその家族に寄り添い、きめ細かなサポートを行っています。また、最近では助産師が医師に代わって妊婦健診を担当する「助産師外来」、思春期・産後の女性の性の悩みや不妊治療に関する相談業務、子ども向けの「生命や性の教育」を行うなど、助産師の仕事の幅は以前にも増して広がりを見せています。

助産師の気になる?年収・給料・収入

働く場所や勤続年数などによって変動しますが、国家公務員の平均データを参考にした場合、年収は約555万円、給与月額は34万円程度。助産師は夜勤が多く発生するので、夜勤手当があるぶん、同年代の一般的な職種よりも給与水準が高くなっています。また、看護師+αの高度な仕事であることから、看護師よりも給与が高く設定されている場合が多いようです。しかしながら、お産は「いつ起こるか」が予測できず、勤務スタイルが不規則&勤務時間も長くなりがちなことから、給与に満足している人が多いかと言うとそうではないようです。助産所を開業した場合、出張助産師としてフリーで働く場合などは自分で報酬を決められるので、収入アップを目指すことも可能になります。

助産師の就職先・活躍できる場所は?

助産師が働く場所は、人数の多い順に「病院」「診療所(クリニック)」「助産所」となります。中でも「病院」が約61%(※)と圧倒的。というのも、助産師単独では母子ともに問題のない「正常分娩」しか分娩介助を行うことができず、帝王切開など「異常分娩」の場合は産科医の介在が必要となるため、医師の配置が義務づけられている病院で出産を行うケースが多くなるからです。ちなみに、「助産所」には産科医が常駐しないため、医療行為はいっさい行えません。助産所で働く助産師のうち、約半数(※)は助産師として独立して助産所を立ち上げた「開設者」。また、全体から見ると少数ではありますが、保健所や保健センターで働く助産師もいます。

【主な就職先】

  • 助産院
  • 病院
  • 保健所

助産師のやりがいを聞いてみよう

「新しい生命の誕生」をサポートできるのが、助産師という仕事の一番のやりがいでしょう。妊娠時から見守ってきた妊婦さんが無事出産をし、赤ちゃんと一緒に元気に退院していく、その瞬間はまさに助産師の仕事の集大成。分娩時や入院時、何かあったらすぐに駆けつけ、妊婦さんの体だけでなく心もていねいにケアしていく助産師と妊婦さんの間に築かれる信頼や絆は、医師との間以上に強いものであることも多いようです。

助産師の志望動機を教えて!

学校の授業などで出産についてのドキュメンタリーを見たり、兄弟姉妹が誕生する経験をしたりとタイミングは人それぞれですが、「生命の誕生に感動し、私もそんなシーンに立ち会える仕事がしたい!」と思ったことが助産師を目指すきっかけになったという声がよく聞かれます。また、「お産のプロとして妊婦さんを支えたい」「手に職をつけて長く働きたい」といった志望動機から助産師を目指したという先輩もいます。

助産師を目指せる学科

看護学科

※看護学科、言語聴覚士科、臨床工学技士科、介護福祉士学科、社会福祉科(通信)以外は、アイメディカルには設置されておりません。

このページの内容は「スタディサプリ 進路」より引用しています。

「スタディサプリ 進路」はこちら