オープンキャンパス 資料請求
ページトップ
> 学科紹介> 臨床工学技士科> 臨床工学技士科の特長

臨床工学技士科

DEPARTMENT OF CLINICAL ENGINEERING TECHNOLOGIST

職業実践専門課程

3年制/男・女/定員40名

臨床工学技士科の特長

先進医療の安心・安全を守る医療機器の
スペシャリストを目指す。

透析患者数は約33万人。
手術は年間約216万9千件。
進化する医療機器の操作・保守で
医療を支える。

全教員でバックアップする
国家試験対策!

本学科では、1年次から国家試験問題を取り入れた授業を行います。また、模擬試験実施後には結果の分析を行い、その分析結果に基づいた解答解説を行います。さらに、苦手科目を克服するための個別指導など、全教員が学生を全面的にバックアップする体制を整えています。

国家資格取得者の知識に
見合った
技術が
身に付く実習環境!

臨床工学技士になるには国家資格が必要です。また即戦力となる臨床工学技士になるには知識に見合った技術が求められます。医療機関並みの施設・設備を使用して、即戦力として活躍することを見据えた豊富な実習を行うことで、高度な技術を身に付けることができます。

全国初!Medical Practice Training!

大学や大学院を含めた全国の教育機関で初めて、世界55か国に製造・販売拠点を持つ総合医療メーカー「NIPRO(ニプロ)」が運営する医療従事者向け医療研修施設「ニプロiMEP(アイメップ)」での実習カリキュラムを導入しました。最先端の医療機器・設備を使用した実践的な実習を実施することで、次世代の医療業界を担う臨床工学技士としての知識と技術を身に付けることができます。