オープンキャンパス 資料請求
ページトップ
> 学科紹介> 言語聴覚士科> 言語聴覚士科の特長

言語聴覚士科

DEPARTMENT OF SPEECH LANGUAGE HEARING THERAPIST

職業実践専門課程

3年制/男・女/定員40名

言語聴覚士科の特長

患者様の立場に立ったリハビリを行える
言語聴覚士を目指す。

もし話すことができなくなったら、
食べることができなくなったら。
困っている方は500万人。
有資格者はまだ2万9千人。

着実に合格へ近付く段階的な国家試験対策授業!

本学科では、1年次に国語を中心とした基礎科目の授業により、基礎学力・読解力の向上を図り、過去問題等の模擬試験を実施します。また、2年次には教員が作成したオリジナルの問題や専門分野の出題を含めた模擬試験を繰り返し行い、3年次には模擬試験に加えて、出題科目に応じた特別講義を実施します。効率的かつ段階的な国家試験対策を実施することで、国家試験合格に必要な知識を着実に身に付けることができます。

実践スキルの基礎が身に付く充実した校内実習環境!

本学科では、3年次に実施する臨地実習の事前基礎実習として、実際に言語障害を患っている小児や高齢者の方々と接する機会を設けています。校内において現場を想定した環境を経験することで、3年次の臨地実習では、より質の高い知識や技術、対応スキルを身に付けることができます。

  • 言語サロン

    失語症のリハビリに必要な一連の知識と技術が身に付く!

  • 失語症友の会

    言語障害を患っている患者様の対応スキルが身に付く!

  • ことばと発達の相談室/FSG保育園

    発育途中の幼児の対応スキルが身に付く