オープンキャンパス 平日個別相談会 資料請求
ページトップ
> 学科紹介> 言語聴覚士科

3年課程

男・女

言語聴覚士科

SPEECH LANGUAGE HEARING THERAPIST

患者様の立場に立った
人間らしさを支える
言語聴覚士になる

保健・福祉機関、教育機関など幅広い領域で活躍。
助けを求めている方をご家族と共に支援します。

最短の3年間で言語聴覚士を目指せる!

言語聴覚士のお仕事って?
活躍できるフィールド
病院/介護老人保健施設/小児施設
/医療機器メーカー etc...
目指す資格
国家資格 言語聴覚士/Word検定 3級/Excel検定 3級
/ケアコミュニケーション検定

国家資格合格率

※全国平均合格率 69.4%

2020年度実績

56.7%

(30名中17名合格)

アイメディカル
言語聴覚士科の特長

Features

東北地方で唯一の3年課程専門学校!最短で言語聴覚士を目指す!

国家試験合格に向けた対策を1年次から実施!合格に必要な知識を着実に身に付けていきます。

高度な対応スキルが
身に付く実習が充実!

校内で小児や高齢者と接する実習をしっかりと行います。その後、病院や福祉施設など実践的に学び、高い対応スキルや知識を身に付けます。

地域医療を支えたい!
卒業生300名以上輩出

全国での有資格者数はまだ3万4千人。アイメディカルの卒業生の多くは東日本を中心に地域医療の現場で活躍しています。

実践スキルの基礎が身に付く
充実した校内実習環境!

本学科では、3年次に実施する臨地実習の事前基礎実習として、
実際に言語障害を患っている小児や高齢者の方々と接する機会を設けています。
校内において現場を想定した環境を経験することで、3年次の臨地実習では、
より質の高い知識や技術、対応スキルを身に付けることができます。

言語サロン

失語症のリハビリに必要な一連の知識と技術が身に付く!

失語症友の会

言語障害を患っている患者様との交流で対応スキルを身に付けます。

ことばと発達の相談室/FSG保育園

発育途中の幼児の対応スキルが身に付く!

カリキュラム

Curriculum

01聴覚検査演習

耳の構造や機能、聴覚障害の特徴を学んだ上で、聴覚検査機器を使用した検査を実施し、機器の使用方法や聴覚障害のリハビリに必要な知識を身に付けます。

02言語発達障害学

言葉の遅れや脳性麻痺など、小児の発達障害の仕組みと評価・訓練方法を学ぶとともに、ご家族へのアドバイスやケアに求められる対応スキルを身に付けます。

03嚥下障害学

嚥下(飲み込み)のプロセスと障害の種類・仕組みを学び、食事や姿勢の調整、症状に応じた訓練法など、栄養摂取や誤嚥防止に必要な知識を身に付けます。

04失語症学

脳の損傷により言語が損なわれる(話す・聴く・読む・書くことが困難になる)失語症の症状を学び、様々な検査や訓練計画の立案に必要な知識を身に付けます。

タイムテーブル

Time Table

1年次モデル授業

scroll

Mon Tue Wed Thu Fri

1限
9:20~10:50

音楽療法 生涯発達心理学 言語学 手話 認知心理学

2限
11:00~12:30

言語発達学 PC実習 言語発達学 臨床歯科・口腔外科学 言語聴覚障害総論
ランチタイム

3限
13:30~15:00

英会話 リハビリテーション概論 解剖学 生理学 心理学

4限
15:10~16:40

音声学 心理学 言語発達学 失語症

※モデル授業の為、変更の可能性があります。

2年次モデル授業

scroll

Mon Tue Wed Thu Fri

1限
9:20~10:50

病気からの言葉の障害 看護学 音声障害 小児科学 音声障害

2限
11:00~12:30

音声障害 臨床心理学
ランチタイム

3限
13:30~15:00

聴覚心理学 耳鼻咽喉科 生まれつきの言葉の障害 聴覚障害 言語発達障害総論

4限
15:10~16:40

失語症 高次脳機能障害

※モデル授業の為、変更の可能性があります。

3年次モデル授業

scroll

Mon Tue Wed Thu Fri

1限
9:20~10:50

職業倫理学 職業倫理学 実習対策 実技試験 実技試験

2限
11:00~12:30

ランチタイム

3限
13:30~15:00

実習対策 実習対策 実習指導者会議 実技試験 実習対策

4限
15:10~16:40

※モデル授業の為、変更の可能性があります。

先生・先輩の声

Voice

Teacher’s message
/ 先生の声

言語聴覚士科 教員

齋藤 順子先生

ゼネラリストとして様々な視点で物事を
考えられることが理想の言語聴覚士です。

言語聴覚士は知識や技能だけでなく、コミュニケーション力や共感力、包容力が必要な仕事だと思います。患者様、ご家族との関係を構築し、信頼される言語聴覚士を目指して一緒に頑張っていきましょう。

Graduates voice / 卒業生の声

平成24年3月卒
医療法人光麗会 介護老人保健施設 森の都 勤務

小賀坂 絵梨香さん
保原高校(福島県)出身

私が言語聴覚士を目指したのは、コミュニケーションを図ることができない方の手助けをしたいと思ったからです。現在は、言葉や飲み込みに障害を持った方、呼吸器疾患の方のリハビリなどを担当しています。アイメディカルでの勉強や実習は決して楽なものではありませんでしたが、先生方のお陰で乗り切ることができました。学生時代の経験は授業以外でも現場で役立つ可能性があります。臨地実習で味わえる現場の雰囲気や、経験豊富な先生方の臨床での体験談など、色々なものを吸収して頑張ってください。

Student voice / 在校生の声

言語聴覚士科3年

阿部さん
郡山商業高校(福島県)出身

心理学の授業やスキルが身につく実習が多く、私はどの授業も楽しく学んでいます。言語聴覚士の魅力はコミュニケーションや食事を通して人生を豊かにするためのお手伝いができるところです。

サポート

Support

他の学科を見る

Other

看護学科
臨床工学技士科
救急救命科
介護福祉学科