オープンキャンパス 平日個別相談会 資料請求
ページトップ
> 入学情報

入学情報 Enrollment information

募集学科/修業年限/入学定員

学科名 修業年限 入学定員
看護学科 3年 40名(男・女)
言語聴覚士科 3年 40名(男・女)
臨床工学士科 3年 40名(男・女)
救急救命士科 2年 40名(男・女)
介護福祉学科 2年 40名(男・女)

入試日程

AO入試出願(専願)

入学選考試験日 願書受付締切日
2021年10月2日(土) 2021年9月30日(木) 午後5:00
  • ※国際医療看護福祉大学校看護学科ではAO入試を実施いたしません。

高校推薦入試(専願)/一般入試(専願・併願)/社会人入試(専願・併願)

試験回 入学選考日 願書受付締切日
第1回 2021年
10月16日(土)
2021年
10月13日(水) 午後5:00締切
第2回 11月20日(土) 11月17日(水) 午後5:00締切
第3回 12月11日(土) 12月8日(水) 午後5:00締切
第4回 2022年
1月22日(土)
2022年
1月19日(水) 午後5:00締切
第5回 2月26日(土) 2月23日(水) 午後5:00締切
第6回 3月12日(土) 3月9日(水) 午後5:00締切
第7回 3月26日(土) 3月23日(水) 午後5:00締切
  • ※高校推薦入試は第6回入試まで実施いたします。
  • ※国際医療看護福祉大学校のみ一般入試、社会人入試は第2回入試から実施いたします。
  • ※3月24日㈭以降に出願希望の場合、各校にお問い合わせください。

入学までのスケジュール

1.お問い合せ•資料請求 本校へ、お気軽にお問い合せ、資料請求ください。 資料請求フォームはこちら。
2.オープンキャンパス
保護者説明会参加
学校を見て、体験できるオープンキャンパスに、ぜひご参加ください。
保護者の方を対象にした「保護者説明会」も同時開催しています。
AO入試エントリー予定の方は、オープンキャンパス参加が条件となります。
3.受験意思決定 保護者の方や進路・担任の先生とよく相談をして、出願方法を決定しましょう。
4.出願形態
出願形態 AO入試 高校推薦入試
一般入試
社会人入試
エントリー 2021年6月1日(火) 午前9:00~9月15日(水) 午後5:00 -
面談 2021年6月12日(土)、6月27日(土)、
7月11日(土)、7月31日(土)、8月7日(土)、
8月21日(土)、9月4日(土)、9月 18日(土)
のいずれかで各校が指定する日
※オンラインでの面談も可能
-
認定結果通知 面談日より10日以内 -
出願期間 2021年9月13日(月) 午前9:00~
9月30日(木) 午後5:00
2021年10月1日(金) 午前9:00~
2022年3月23日(水) 午後5:00
※高校推薦入試は2022年3月9日(水)まで
入試 AO入試 高校推薦入試
一般入試
社会人入試
特待生制度 特待生制度利用の有無
5.選考試験 出願形態にあわせた選考試験を実施します。
6.選考結果 選考日より10日以内(土日祝日を含まない)に選考結果通知書を郵送いたします。
7.入学金納入 合格通知到着後、10日以内に入学金納入
ただし、特待生合格等で免除が発生する場合は免除ランク等に応じた金額を納入
※併願出願合格者の入学金は併願先結果発表後、1週間以内に納入
8.入学許可 入学金の納入が確認でき次第、 入学許可証を送付します。
9.入学手続時
納入金納入
入学許可証到着後、1か月以内に1年次前期学費(入学手続金)納入
ただし、特待生合格等で免除が発生する場合は免除ランク等に応じた金額を納入
受験が2月以降の場合は、納入時期を早めさせていただきますのでこ了承ください。
10.入学許可式・
入学オリエンテーション
2022年4月

入学選考料の納入

■出願者本人名義で金融機関窓口もしくは ATMで納入をしてください。

入学選考料 併願登録料
1. AO入試出願(専願) 金額 免除
2. 高校推薦入試(専願) 金額 20,000 円
紹介入学制度利用者は免除
3. 一般入試(専願)
4. 社会人入試(専願)
金額 20,000 円
紹介入学制度利用者は免除
3. 一般入試(併願)
4. 社会人入試(併願)
金額 20,000 円
紹介入学制度利用者は免除
30,000 円
  • ※振込手数料は出願者の負担となります。
  • ※理由のいかんを問わず、一旦納入された入学選考料は 返金できません。
  • ※併願登録料は、各校の入学選考で不合格の場合のみ返 金されます。また、志望校への合格が確定した時点で 入学金の一部として充当いたします。

■紹介入学制度

出願者が下記の対象に該当する場合は、入学選考料または入学金等が免除されます。(紹介者及び被紹介者ともに全日制課程の学科である場合に限ります。)
※出願時に所定の「紹介書」の提出が必要となります。紹介入学制度をご利用の方は本校事務局にお問い合わせください。

対象 免除額
家族(兄弟姉妹や保護者)が FSG カレッジリーグいずれかの学校を卒業されている方 入学選考料2万円、1年次学費から5万円免除
家族(兄弟姉妹や保護者)が FSG カレッジリーグいずれかの学校に在学されていて入学後同時在学となる方 入学選考料2万円、1年次学費から25万円免除
兄弟姉妹(双子含む)が同時に FSG カレッジリーグいずれかの学校に入学される方 入学選考料2万円、1年次学費から22万5千円免除

※「家族」とは、2親等内の血族、配偶者、2親等内の姻族をいいます。

振込方法

金融機関窓口でお振込みの場合
  • ●各金融機関に設置されている振込依頼書等を使用し、入学選考料・併願登録料を納入してください。
  • ●納入後、金融機関受付押印済みの振込受付書等(コピー可)を専用封筒に同封してください。
ATM でお振込みの場合
  • ●振込人名は出願者の氏名を入力してください。
  • ●納入後、ATM のご利用明細票等(コピー可)を専用封筒に同封してください。
振込先 東邦銀行 郡山営業部 ※振込人(出願者)名の前に出願学科コード
(01~06 のいずれか)を入力してください。
  • ●看護学科 ................................. 05
  • ●言語聴覚士科 ........................... 01
  • ●臨床工学技士科 ........................ 03
  • ●救急救命士科 ........................... 04
  • ●介護福祉学科 ........................... 06
預金項目 普通預金
口座番号 2383670
受取人名 学校法人 国際総合学園
国際医療看護福祉大学校
ガク)コクサイソウゴウガクエン
コクサイイリョウカンゴフクシ
ダイガッコウ
学校法人 国際総合学園
国際医療看護福祉大学校
ガク)コクサイソウゴウガクエン
コクサイイリョウカンゴフクシ
ダイガッコウ
※振込人(出願者)名の前に出願学科コード
(01~06 のいずれか)を入力してください。
  • ●看護学科 ................................. 05
  • ●言語聴覚士科 ........................... 01
  • ●臨床工学技士科 ........................ 03
  • ●救急救命士科 ........................... 04
  • ●介護福祉学科 ........................... 06

入学金・学費・教材実習費一覧

入学金・学費

学科名 入学金 学費
授業料 設備費
看護学科 150,000円 970,000円 180,000円
言語聴覚士科 150,000円 1,120,000円 180,000円
臨床工学技士科 150,000円 1,020,000円 180,000円
救急救命士科 150,000円 1,020,000円 180,000円
介護福祉学科 150,000円 720,000円 180,000円

教材・実習費一覧表
(教科書、教材、検定料、実習費、保険)

学科名 1年次 2年次 3年次 総納入費用
(入学金 + 学費 + 教材・実習費)
看護学科 298,000円 197,000円 262,000円 4,357,000円
言語聴覚士科 345,000円 346,000円 455,000円 5,196,000円
臨床工学技士科 303,000円 271,000円 282,000円 4,606,000円
救急救命士科 381,000円 466,000円 - 3,397,000円
介護福祉学科 260,000円 312,000円 - 2,522,000円

入学金・学費・教材実習費 納入スケジュール

1年次
納入時期 合格通知到着後
10日以内
入学金
「入学許可書」到着後
1ヶ月以内
入学手続金
2021年6月1年次
教材・実習費
2021年8月1年次
後期授業料
1年次
総納入費用
看護学科 150,000円 665,000円 298,000円 485,000円 1,598,000円
言語聴覚士科 150,000円 740,000円 345,000円 560,000円 1,795,000円
臨床工学技士科 150,000円 690,000円 303,000円 510,000円 1,653,000円
救急救命士科 150,000円 690,000円 381,000円 510,000円 1,731,000円
介護福祉学科 150,000円 540,000円 260,000円 360,000円 1,310,000円
2年次
納入時期 2022年3月
2年次学費
2022年5月
2年次教材・実習費
2年次
総納入費用
看護学科 1,150,000円 197,000円 1,347,000円
言語聴覚士科 1,300,000円 346,000円 1,646,000円
臨床工学技士科 1,200,000円 271,000円 1,471,000円
救急救命士科 1,200,000円 466,000円 1,666,000円
介護福祉学科 900,000円 312,000円 1,212,000円
3年次
納入時期 2023年3月
3年次学費
2023年5月
3年次教材・実習費
3年次
総納入費用
看護学科 1,150,000円 262,000円 1,412,000円
言語聴覚士科 1,300,000円 455,000円 1,755,000円
臨床工学技士科 1,200,000円 282,000円 1,482,000円
合計納入金額
看護学科
4,357,000円
言語聴覚士科
5,196,000円
臨床工学技士科
4,606,000円
救急救命士科
3,397,000円
介護福祉学科
2,522,000円

⑴2月および3月に受験する場合は、入学式(4月上旬実施)のスケジュールに合わせ、入学金・入学手続金(1年次授業料半額+年間設備費)の納入スケジュールが早まりますのでご注意ください。
⑵入学辞退をする場合、一度納入された選考料・併願登録料・入学金は返金することができませんのでご了承ください。ただし、入学手続金(1年次前期授業料+1年次年間設備費)につきましては、入学式前日までに辞退をする場合のみ返金いたします。
⑶入学式後につきましては、理由のいかんを問わず納入いただいた学費の返金はできませんのでご了承ください。
⑷入学後の学費等納入日は予定となっております。実際の納入日については約1か月前に文書でお知らせいたしますのでご確認ください。
⑸入学金・入学手続金・学費の納入方法は、以下の通りとなります。◎入学前→入学金・入学手続金は振込。 ◎入学後→1年次後期学費・進級時学費は入学時に登録していただいた口座より引落。
⑹教材・実習費とは教科書・教材・実習消耗品・学生総合保障・国内研修・実習着・国家試験関連などの費用と臨床実習にかかる費用、およびそれらの積立金をいいます。
⑺教材・実習費の金額は過去の実績から算出した金額ですので、2021年度は変更になる場合があります。
⑻教材・実習費の詳細は各年次の4月にお知らせいたします。
⑼臨床実習において実習施設までの交通費は別途必要となります。
⑽FSGカレッジリーグでは、全校の学費に関わる業務をFSGカレッジリーグ学費サポートセンターにて行っております。学費に関するご不明な点は、FSG カレッジリーグ学費サポートセンター(☎ 024–954–5076)へご相談ください。

ノートパソコンについてのご案内

FSGカレッジリーグでは、今日の必須能力であるパソコン利用技術をはじめとした、情報リテラシー(情報技術)教育を積極的に推進しております。入学後、ノートパソコンを活用していただくため、学校・学科により、入学前にノートパソコンをご準備いただいております。ご自身でご用意いただくほかに各校から斡旋させていただく予定でございます。入学学科によって必要な機種やスペックが異なるため、入学前の2月上旬頃に文書にて購入モデルおよび金額等をお知らせいたします。その他、ご不明な点はオープンキャンパス等でお問い合わせください。


購入方法 案内ほか諸注意について
FSGカレッジリーグ斡旋での購入 ・入学前の2月上旬に購入モデルおよび金額等をお知らせいたします。
・購入に伴うお支払いは3月中にお振込みにてご納入いただきます。
個人で準備・購入 ・入学前2月上旬の案内をご確認の後、必要なスペックを満たすパソコンをご準備ください。

身体に障害のある方の出願について

本校への入学を志願する方で身体に障がい(学校教育法施行令第22条の3で定める身体障がいの程度)のある方は、修学上の配慮を必要とすることがありますので、出願前にあらかじめ本校に申し出てください。なお、申し出に基づき事前相談や健康診断書の提出を求めることもありますのでご了承ください。

学校教育法施行令第22条の3の定義は以下の通りです

区分 障害の程度
視覚障害者 両眼の視力がおおむね0.3未満のもの又は視力以外の視機能障害が高度のもののうち、拡大鏡等の使用によっても通常の文字、図形等の視覚による認識が不可能又は著しく困難な程度のもの
聴覚障害者 両耳の聴力レベルがおおむね60デシベル以上のもののうち、補聴器等の使用によっても通常の話声を解することが不可能又は著しく困難な程度のもの
知的障害者 (1)知的発達の遅滞があり、他人との意思疎通が困難で日常生活を営むのに頻繁に援助を必要とする程度のもの
(2)知的発達の遅滞の程度が前号に掲げる程度に達しないもののうち、社会生活への適応が著しく困難なもの
肢体不自由者 (1)肢体不自由な状態が補助員の使用によっても歩行、筆記等日常生活における基本的動作が不可能又は困難な程度のもの
(2)肢体不自由な状態が前号に掲げる程度に達しないもののうち、常時の医学的間観察指導を必要とする程度のもの
病弱者 (1)慢性の呼吸器疾患、腎臓疾患及び神経疾患、悪性新生物その他の疾患の状態が継続して医療又は生活規制を必要とする程度のもの
(2)身体虚弱の状態が継続して生活規制を必要とする程度のもの