看護師、言語聴覚士、臨床工学技士、救急救命士、介護福祉士になるなら。

(平成29年4月 国際メディカルテクノロジー専門学校より校名変更予定)

国際メディカルテクノロジー専門学校

i-medical 国際医療看護福祉大学校 HOME  ›  学科紹介  ›  言語聴覚士科

言語聴覚士科

職業実践専門課程

3年制/男・女/定員40名

言語聴覚士の魅力

職業
紹介

「言語聴覚士」って、どんな仕事?
「言語聴覚士」とは、聞くこと・話すこと・食べる(飲み込む)ことに関して障害のある方に対して、検査・評価によ原因を明らかにし、必要に応じた訓練や指導などのサポートを行う専門職です。その活躍の場は、医療機関に限らず、保健・福祉施設や教育機関など多岐にわたります。

言語聴覚士の活躍の場
総合病院、リハビリ専門病院、介護老人保健施設、難聴幼児通園施設、心身障害児施設、療育センター、保健センターetc…

他のリハビリ職と比べても将来性が高い!

幅広い年齢層の方々と接することができる!

その他にも
◎夜勤がなく就業時間が規則的
◎血液などを目にする・触れることがほとんどない
など、様々な魅力がある職業が「言語聴覚士」です。

■学科のご案内

看護学科

病気や障害を持つ人々の援助、予防、健康教育、診療補助などを行う医療従事者です。

言語聴覚士科

視聴覚障害のある方に対するリハビリテーションの専門技術を身につけます。

救急救命士科

救急現場から医療機関までの間に傷病者を救命するための医療処置を行う専門職です。

臨床工学技士科

医療チームの一員として、医学と工学の両分野の専門知識・技術を身につけます。

介護福祉学科

加齢や障がいなどで日常生活を営むことが困難な人々を支える高度な技術を習得します。

職業実践専門課程

より実践的な職業教育の質の確保に組織的に取り組んでいることが認められました。

【社会福祉科通信課程で資格を取ることができます】

  • 社会福祉士養成 通信課程
  • 准看護師から看護師への資格を目指します。看護学科通信課程